母の弁当日記 大学生編

大学生の娘と弁当と日常の記録

6/23 放置される大学生

6月。日常が戻りつつあるが、娘の大学は休みのままだ。今は週に2コマのオンラインの授業を受けるだけ。3年生になってメインになるはずだった実験実習はできず、授業再開はどうやら秋になるらしい。大学からのアナウンスは少なく、完全に放置されてる感。大学側もいろいろ模索しているんだろうが、親としては授業料だけきっちりとられて、納得がいかない。

こういう時に、アグレッシブな人はピンチはチャンスとばかりに時間を有効に使うんだろうけど、うちの子バイトは週に2回だけ、しかも夜で、あとはずーっと家にいてゴロゴロしてる。

先日、秒速で1億稼ぐ男、与沢翼の動画を見た。何かをやろうと思っててもやらない人の話。コロナが流行り始めてもう数か月も経っている、その間に何かこれをやったと誇らしく明確に言えるものがない場合、今後数年、数十年もそのままで行く可能性が極めて高い、と。まあ娘に言っても響かないだろう。そもそも何かをやってやろうという野心がないのだ。そしてあの人のゴロゴロは何かこう、不動の、ゆるぎないゴロゴロですらある。そんなのが一日家にいれば、私のストレスもたまりまくるのだ。

しかしそんな私のイライラを察してか、娘、ついに重い腰を上げて教習所に通い始めた。しかも自分でバイトしてためたお金で。(そこだけは)エライ!

 

何かをやろうと思ってもやらないというのは私にも当てはまる。私は昨年1年間、週1回の夜勤以外仕事をせずに家にいたわけだが、あんなに時間があったのに一体何をしていたのだろうと思うほど、時間を無駄に過ごしていた。そりゃあ少しはやったこともあるけれど、中途半端にやめてしまったことばかりだ。私は「ネット検索」と「ビール」が自分の人生を無駄にしてるとつくづく思っている。まずはこの2つをやめること。いや、無理。ネットはやめられても、ビールは無理。ビールはオーケー。ネットは見ない。興味のない芸能ニュースとか、エンドレスに見るのやめる。また新聞とろうかな。結局ネットでニュース見るから余計な情報も見てしまうのだ。

2年後に職場が移転になるので、やめるかもしれない。なので今後のこと、少し真剣に考えないといけなくなっている。

 

 

弁当画像がたまってきたので載せます。

4/15

f:id:yurucat:20200507100511j:image

目玉焼き弁当

 

4/16 

f:id:yurucat:20200507100518j:image

肉豆腐弁当

 

4/20 

f:id:yurucat:20200507100548j:image

しいたけ、にら、えびの春巻きと肉野菜炒め

 

4/22 

f:id:yurucat:20200507100602j:image

ピーマン肉詰め、コールスロー、炒り卵

 

 4/23

f:id:yurucat:20200507100615j:image

エビピラフとアスパラ肉巻き

 

 4/27

f:id:yurucat:20200507100629j:image

ハヤシライス

 

4/30 

f:id:yurucat:20200507100640j:image

和風ハンバーグとマカロニサラダと明太子

 

5/6 

f:id:yurucat:20200507100650j:image

生姜焼きとカボチャサラダと娘が作ったジャーマンポテト

 

5/11

f:id:yurucat:20200512131611j:image

 小松菜と豚肉としめじの炒め物他

5/13

f:id:yurucat:20200623153543j:image

冷しゃぶとごはんのおとも丼

5/14

f:id:yurucat:20200623153601j:image

タコライス

5/20

f:id:yurucat:20200623153612j:image

春巻き

しらすとフライドオニオンをオリーブオイルで炒めてご飯に乗せて食べるのが最近のブーム。

5/21

f:id:yurucat:20200623153627j:image

なすミート丼

5/25

f:id:yurucat:20200623153641j:image

ありもの弁当

5/28

f:id:yurucat:20200623153656j:image

ハンバーグ弁当

6/1

f:id:yurucat:20200623153710j:image

生姜焼きとポテサラ

6/8

f:id:yurucat:20200623153805j:image

エビカツとスイカ

6/13

f:id:yurucat:20200623153817j:image

チキンのトマト煮とタコのサラダ

6/22

f:id:yurucat:20200623153829j:image

明太クリームパスタと蒸し鶏 

 

 

で、なんで与沢翼の動画を観たかっていうと、こないだ嫌いなママ友にばったり会って、お互い子どものことでマウント取り合いして、最終的に負けたんだけど、帰ってからそのママ友が与沢翼に似てるんじゃないか?ということに気づき、確かめたからだ。めっちゃ似てた。そのマウント取り合いの話は、またの機会にでも。

 

 

 

4/14 自粛大学生と暇つぶし家系図作り

新型コロナによる休校&自粛で毎日家で過ごす大学3年になった娘。

授業(座学)はオンラインでやるらしいが、娘は今年度は座学はなく、実習実験だけなのだ。実験をオンラインでやるわけにもいかず、大学側も考えあぐねているようで、今の時点になっても何の指示も連絡もない。しかし、授業料引落としの案内のハガキだけは、無情にも通常通りに来やがるのだった。

さて、家にいて何をしているかと言えば、日中はスイッチでどうぶつの森を友達と通信して遊び、夜になると友達と電話で話したり、オンライン飲み会をやったりする、というのがルーティンになってきているようだ。それ以外の暇な時間には、スマホ、ピアノを弾く、料理の練習、たまに家事手伝い、といったところ。他の友達も似たような感じだけど、これに「推しの動画をひたすら観る」というのが加わるらしい(娘はそういうのに興味がない)。

バイトは週2回だけど普通に行っている。スーパーの食品レジという、まさに感染リスク大のところだ。所詮学生バイトなんだし、やめるか収束するまで休んだら?と言っても、人手が足りないし、やめる気はないのだという。中には親が心配してるからとしばらく休む子もいるらしい。かと思えば、ここぞとばかりにシフトを増やす学生もいるそうだ。最近はスーパー側もレジで働く人を守ろうと、透明のガードを設置したり、グローブを付けるようにしたりと試行錯誤している。けっして命をかけるような仕事ではなかったはずが、命をかけて働いている。

しかしずっと前から思っていたけれど・・・・。早いとこセルフレジ設置しろや、、、

 

3/11

f:id:yurucat:20200414105256j:image

ミートボール弁当

 

4/1

f:id:yurucat:20200414105301j:image

中華丼弁当。

今日から昼間も働きに行くことになった。家にいる娘の分は皿で用意して、私のを弁当箱に詰める。

 

4/2

f:id:yurucat:20200414105309j:image

アジフライ弁当

 

4/6

f:id:yurucat:20200414105320j:image

回鍋肉とミニハンバーグ弁当

 

4/8

f:id:yurucat:20200414105329j:image

春雨のピリ辛ひき肉炒めと明太子弁当

 

4/13

f:id:yurucat:20200414105336j:image

 チキン南蛮&春キャベツソテーもりもり弁当

 

 

ところで、家で暇で何もすることない、って人におすすめなのが、家系図作り。年寄りの趣味みたいだけど、これ結構おもしろい。

やることは戸籍をたどっていくだけ。戸籍は郵送で請求して郵送で取り寄せられる。難点は郵便局の窓口に行く必要がある(定額小為替を買うため)のと少しお金がかかることくらい。

私は父方を調べていて、一番古い戸籍で1821年(文政4年)までの先祖がわかった。そしてそのご先祖、まさかの武士だった。武士の場合、資料が残っているのでさらにもっと古い代まで遡れるらしく、詳しい人に調べてもらって今400年くらい前までわかってきたところ。戸籍請求にかかった費用は6~7千円くらいかな。

戸籍にはどこで生まれて誰と結婚してどこで死んだ、親は誰、子は誰、という最小限のことしか書いてないんだけど、その住所をグーグルアースで検索して思いを馳せてみたり、家系図作ったり。親権争いで裁判したとかいう親族がいたり。その時代にその地方では何があったのか歴史を調べてみたりとかね。おもしろいですよ。

 

 

 

3/5 初めてのテレビショッピング

夜勤から帰って倒れるように寝て、3時間足らずで目が覚めた。とりあえずつけたテレビから流れたのは、おなじみの通販番組。よくある実演販売で、紹介されていたのは野菜の皮むき器だ。

 

皮むき器、いわゆるピーラー。実は私はピーラーがうまく使いこなせないことで長年悩んでいた。

 

一般的なピーラー

 

f:id:yurucat:20200304120543j:plain

これがなんかうまく使えないのである。

 

で、新婚当時から使っていたのが、こういう刃が固定されたタイプ

f:id:yurucat:20200304120646j:plain 

これなら大根、にんじん、きゅうりの皮むきくらいはできる。しかしかれこれ20年以上も使っていたら、こないだついにぶっ壊れてしまった。

なきゃないで困るピーラー。しかし近所には苦手なタイプのピーラーしか売ってない。仕方なく買ってはみても、やはりうまく使えなかった。少し値段の高いのを買ってもだめだった。特にアスパラの皮がうまく剥けないのがストレスだった、、、

 

テレビに映る変わった形のそのピーラーは、手前から向こうにスーッとなでるように動かすだけで、大根の皮をいとも簡単に剥いてしまった。あ、アスパラも、、、。私は一瞬でその実演販売にくぎ付けになった。

 

その商品の名はトリプルスマートピーラー。

 

 

 

魔法のように次から次へと野菜を切って行く赤いエプロンのこの男、実演販売士ビバ太田である。

 

f:id:yurucat:20200304121610j:image

(株)ビバライズ カリスマ通販士ビバ太田

 

皮むきはもちろん、千切りや細切りもこれ一本。そして通常4730円なのが、今ならなんと送料税込で2980円!

 

 

 

3/4 

f:id:yurucat:20200304091041j:image

今は少食モードの娘。残りものちらし寿司おにぎり

 

3/5

f:id:yurucat:20200305090618j:image

 チキンのマリネ焼き、にんじんしりしり、冷凍ミニグラタン

 

 

 

 

 ・・・

ということで、生まれて初めてテレビ通販で買ってしまいました〜!!1日1億売る男、ビバ太田に完敗〜〜〜〜!!

 

見て、見て、見て〜〜〜〜!!!

f:id:yurucat:20200304085327j:image

アスパラの皮、今までのピーラーはなんだったのかと思うほど、気持ちよくむける。ノンストレス!

 

f:id:yurucat:20200304154745j:image

キャベツの千切り。思わずヒャッハー!と声が出る。若干太めではあるものの、テレビでやってたのと同じようにできた。

 

f:id:yurucat:20200304154859j:image

にんじんの細切りは、にんじんがすっ飛んだり刃にはさまったりして、なかなかビバ太田のようにスマートにできない。

 

 ビバ太田のような達人になるには地道な練習とコツがいるのかもしれないが、普通の皮むき、千切りくらいなら何も考えなくてもホイホイできる。普通のピーラーで問題ない人には必要ないだろうが、私にはとてもよかった。

 

  

ちなみに、テレショップといえばトーカ堂の北さんとかジャパネットの高田社長が有名だけど、調べてみると実演販売士ってたくさんいて、みんな名前が変だった。

 

f:id:yurucat:20200304115738p:plain

 

実演販売士 – 株式会社コパ・コーポレーションより 

 

 

3/2  大学生と新型コロナウイルス

ウチの大学生は2月から春休みで、週に2~3回のバイト以外は家でゴロゴロしていた。まわりの友達が2月は忙しいらしく、遊びの予定はすべて3月に、ぎっしりと入れていた。娘が所属するダイビングサークルの離島への合宿も3月に予定されていた。そこへきて、今回のコロナ騒動である。

2月の中頃から市中感染が起こり始めたので、いよいよヤバいことになりそうだという話を家ではしていたのだけど、まわりの友達はあんまりピンと来ていないのか「コロナ?大丈夫っしょ」的なノリらしかった。

日が経つにつれ状況は悪くなる一方で、娘のサークルの合宿の日にちが迫ってきていた。私は本気でキャンセルした方がいいと思い始めていた。しかしサークル内では特に中止の話は出てないという。ほんとにおめでたい奴らだな。他大学ではサークル活動や合宿禁止令が出ているところが複数ある中、娘の大学はなかなか指示を出さない。禁止令を出してくれればどれだけ楽なことか。

2/28満を持してついに大学がコロナウイルスに関する情報を出した。

「サークル合宿中に症状が出た場合、速やかに保健所および大学に連絡すること」・・・って暗に合宿を認めちゃってるよオイ。

もう荷物は現地に送ってしまっていたが、小中高等学校も休校になり、娘も私も迷いがあった。さすがに会長も、キャンセル希望者は申し出てもらい、参加人数が少なければ中止にする、という判断をした。娘はどうするのか、話し合った。

 

私の意見

・もし感染者が出たら、対応できるのか。

・びくびくしながら行っても楽しめない。

・うちにはばーさんがいる。

・ネット民の批判の矛先が最初は「国(安倍)」だったのが、だんだんと「自分勝手に行動する人たち」に移行してきている。

・30人近い集団行動は世間のバッシングの対象になり、大学の責任にもなってしまう。どうしても行きたいのなら、個別で行ってはどうか。

東京事変のライブ決行のバッシングが予想以上にひどかった。

東京マラソンの応援に行った人のバッシングもまじやばかった。

・とにかく今いちばん怖いのは、ウイルスよりも神経質になってる人たちのバッシング。

・こんなにリスクを抱えて行ったところで、見れるのはいつもウツボクマノミ

 

 娘の意見

・わかった、やめるわ。

 

その後娘はサークルのグループ電話に割り込んで、上記の理由で自分は行かないということを話した。電話の向こうのどよめきの声がスピーカーから聞こえ、その後あーでもないこーでもない、気合でいけば大丈夫とかぬかしてるから、割り込んで喝を入れたい気持ちでいっぱいだったが、娘がいじめの対象になったら困るので耐えた。そしてそのすぐ後に、会長あてに大学から「サークル活動自粛の要請」の通知が来たそうだ。遅いわ。安倍か。

あえなく、合宿は中止となった。

 

 3/2 

f:id:yurucat:20200302125550j:image

ありものシンプルチャーハンランチ。

 

鹿児島のたんかん、甘くておいしい。柑橘系の中でいちばん好き。東京ではあまり売ってないので、見かけたら速攻買う。

f:id:yurucat:20200302125601j:image

 

 

遊びの約束もほぼ延期にした娘は、国や一部ネット民の要請を守り、模範的な生活を送っている。=家でゴロゴロしているだけ。日本の終わりが見えた気がする。

 

 

2/28 弁当再開

私は芽キャベツが好きだ。芽キャベツはかわいいし、おいしい。芽キャベツ農家の人とお知り合いになりたい。

1月になって芽キャベツが出始めると、絶対買う。安かったら1度に3パックくらい買う。先日、大量に買ってゆでて冷凍したけど、1か月くらいしか持たないらしくて悲しい。1年中食べれたらいいのに。来年あたり自分で育ててみようかと思う。「趣味の園芸」サイトによると、種まきは7月、苗なら夏の終わり~秋に植え付けだそうだ。忘れないように手帳に書いておこう。

 

f:id:yurucat:20200228125716j:image

 

料理研究家栗原はるみさんや平野レミさんの夫が立て続けに亡くなって、インスタやテレビを見ると、彼女たちの落ち込みが人一倍強いように感じる。よっぽど素敵な旦那さんだったのだろうと思うのだけど、それに加えて「夫のためにおいしい料理を作る」という生きがいがなくなったことも大きいのだろう。

勤めている老人ホームでは「息子のためにご飯を作らなきゃいけないから帰らせて」と涙ながらに訴える認知症の女性を何人も見てきた。料理は誰か食べてくれる人がいるから、やりがいがある。そして、いつのまにかそれが生きがいになっている。こんな私でも、料理を食べてくれる家族が一人もいなくなったら、気持ちが荒んでしまうのかもしれない。

 

f:id:yurucat:20200228125725j:image

 

最近は、できるだけ丁寧に、そして今まで作ったことのないような料理に挑戦したい、と思っている。こんなご時世だからこそ、おいしいものを食べたい。

 

ってことで、また弁当を作り始めました。大学生の春休み弁。

2/21

f:id:yurucat:20200228125528j:image

ミニハンバーグ、甘い玉子焼き、切り干し大根、ゆかりごはん

 

2/28

f:id:yurucat:20200228125535j:image

 から揚げ、卯の花、さつま芋甘煮、目玉焼きの下にのり弁

 

 

マスク、アルコール、トイレットペーパー、ティッシュ、、、と店頭からなくなって、さあ次は何がなくなる?

 

 

 

1/15 成人式と振袖と

娘の成人式でした。

正確には、3月生まれなのでまだ二十歳ではないのだけど。

 

成人したからって特別感慨深くなることはなく。普段通りの我が家。

 

f:id:yurucat:20200115130114j:image

 式の時間まで暇すぎて餅を食い始める娘

 

陰キャの娘、式には渋々行った。中学校時代は特に思い入れがないらしく、コミュ障な人にとってはああいう場は苦痛だったよう。だけどまあ、友達が少ないながらも久しぶりに会った子と写真を撮ったりして、それなりに楽しいことはあったみたい。

 

f:id:yurucat:20200115140159j:image

 

幼馴染の友達と一緒に式に行って、夜はその子とごはんを食べに行った。そういう友達がいてよかったね。

 

f:id:yurucat:20200115142709j:image

 

振袖は私の。

二十歳の時に自分のお金で買ったお気に入り。帯や小物だけ今風にアレンジしてもらおうかとレンタルしたけど、お店のセンスと合わなくていまいち気に入らず、ぎりぎりになってショールと髪飾りは買いなおした。安くあげようとして、結局余計なお金がかかってしまった。

 

 

f:id:yurucat:20200115140434p:image

レンタルの店で買わされた髪飾りがダサすぎて、買いなおした髪飾り。 

 

f:id:yurucat:20200115141658j:image

 髪飾りを買いに行ったお店で即買いした、裏地が猫柄の別珍ショール。

 

どうしても好きになれなかったレンタル品。 

f:id:yurucat:20200115130902j:image

f:id:yurucat:20200115130908j:image

 

 (親として)初めての成人式は失敗だらけだった。次回はもっとうまくやれる。だけど、一人っ子だから次はもうない。

ま、何はともあれ無事に終わってよかったよかった。次のイベントは、卒業式か。。。

 

 この振袖が、いつかまた、日の目を見る日が来るといいなあ。

 

 

おまけ

 

中川比佐子になりたかった二十歳の私。

f:id:yurucat:20200114132715j:plain

↑中川比佐子

着付けの時、この写真持ってって髪型だけ真似た。でも、地元のおばちゃん美容師だったので、クオリティーは低かった...

 

f:id:yurucat:20200115130437j:image

 成人式の写真、これしか見つからなかった、、、早朝なのか夜なのか?

 

 

 

4/25 成人式前撮りと表参道散策

 娘(大学2年)のために、最近また弁当を作っている。節約のためでもあるし、新年度になって学食が混んでしまって座る場所もないらしく。

早起きはつらいけど、4月から仕事をかなり減らしたので、弁当くらいは作ってあげることにした。まあ、暇だし。

 

f:id:yurucat:20190425074230j:image

f:id:yurucat:20190425074237j:image

f:id:yurucat:20190425074256j:image

f:id:yurucat:20190425074331j:image

 

先日、渋谷のど真ん中にあるフォトスタジオで、娘の成人式の写真の前撮りに行ってきた。

というのも、結婚式の引き出物のカタログでもらった「フォトスタジオギフト券」があったからだ。タダ!無料!

お店の口コミを見たら、どうかなぁって感じだったので、まるで期待しないで行ったのだけど、行ってびっくり。スタジオはおしゃれ空間だし、その場で適当に選んだレンタル振袖は、ヘアメイクして着てみたらとても可愛かったし、2カットしかタダでデータをもらえないのにいろんなポーズを何十枚も撮ってくれちゃうし(それが戦略なんだろうけど)、私的には☆5つ。こんなにやってくれて、きれいに撮ってもらって、タダで帰るわけにはいかんよな・・!!と見事に戦略にはまり、結局お金払って全データ(40枚)買っちゃいましたよね。

 

f:id:yurucat:20190425204038j:image

普段絶対しないようなポーズをさせられて、大爆笑しながら見てた私。あー面白かった。

 

写真を撮った後は、前から行きたかったヒグチユウコさんのお店「ボリス雑貨店」へ。渋谷から表参道まで歩いたのだけどその道中、腹が減って死にそうだった母娘は、そこいらのカフェのちまちました料理なんかで足りるか!とオシャレタウンを彷徨い、偶然バーミヤンを見つけた時は「と、都会のオアシスや〜!!!」と歓喜して、餃子だのラーメンだのといった庶民派コテコテフードをたらふく食べたのだった。おしゃれタウンでもぶれない。

 

f:id:yurucat:20190425075121j:image

ボリス雑貨店ではホラー漫画家の伊藤潤二&オマージュ展をやっていた。伊藤先生の原画は、ゾクゾクするほど繊細で綺麗だった。売ってるものはどれもこれも欲しいものばかりだったけど、先ほどの写真館で散財してしまったうえ、ほぼ無職の身でもあるので、ぐっとこらえてポスターとエコバッグだけ買った。それでも、心は豊かになった。いい1日だった。

 

f:id:yurucat:20190425210405j:image