母の弁当日記 高校生編

高校3年生の娘のための弁当作りの記録

2/11 いろいろたまる2月<受験途中経過>

最近「一人で勉強してると、頭がおかしくなっちゃいそう」と娘はよく言う。センター試験の自己採点が本当に合っているのか?という不安、まわりの私立組が続々と決まっていくという置いてけぼり感、これから受ける大学の難しさ、前期で決まらなかったら卒業式後も続くのだという恐怖、疲労…。現役生でこれなのだから、浪人生はもっと大変なのだと思う。

そして、私もストレスがたまっている。インフルが流行っているので娘が家で勉強することが多くなり、片付かない。家中のそこここに散らかっている参考書やプリントを早く全部捨ててしまいたい。教科書やノートも全部捨てて、家の中を軽くしたい。模様替えもしたい。遊びにも行きたいし、欲しいものもいっぱいある。とにかく今は、理想の春が来るように皆が我慢して過ごしている。

 

そんな中、「すべり止めの合格発表」が立て続けにあった。

 

まずは“行くつもりはあまりないけれど、万一の場合のすべり止め(センター利用)”の発表があった。センター利用なので、センターの結果だけで合否が決まる。センターリサーチではA判定のかなり上を行っていたので、余裕で受かってるはずだ。ただし自己採点が合ってれば、の話。これで落ちてたら、何かとてつもなくヤッバイことが起きてるということ。すべり止めとはいえ、発表の日の朝は親子で緊張していて口数も少なかった。

合格発表はネットで行われる。時間になったら大学のウェブサイトに行き、受験番号を入力、次の画面でピャッと合否が出る仕組み。実際に大学に掲示されてたら見に行こうと思ってたんだけど、今はほとんどがネットだけでの発表になっている。ネットでも、番号探して「あったあった!」みたいなほうが盛り上がると思うんだけど。

 

母娘でパソコンの画面を見つめ・・ 

せーの!

 

ピャッ

 

 

f:id:yurucat:20180211100002j:image 

おお〜っ!

 

なんだか味気ない合格発表だが、とりあえず1校受かった。その後、幸楽苑に行ってラーメン&餃子でお祝い。

 

 f:id:yurucat:20180211100936j:image

 

次の日もまた、合格発表があった。ここはセンター利用と一般と両方受けていて“最低でもここだけはおさえておきたい”すべり止め本命校だ。ここもセンターリサーチではA判定だったが、先日受かったところよりレベルが少し高いので、またしても自己採点が違ってたら・・・という不安にかられる。さらに一般の試験が難しかったようで、自信はない様だった。

発表は午後からだったので家でゴロゴロしていたら、昨日受かってた大学の合格通知が速達で届いた。

 そこにはスカラシップ受給対象者に選ばれたと書いてあった。<給付30万>に一瞬ざわついたが、この後、すべり止め本命に合格すれば、もうこの大学に行くことはない。そうであってほしい気持ちと、いいなあ給付金・・・という複雑な思い。

 

そして、発表。昨日の大学に比べ、混雑していてなかなかつながらない。なんとか、受験番号を入れるところまで行って<合否を確認する>ボタンをクリックしても 、ロード中のくるくるマークがいつまでもくるくるしてじれったい。

しばらくすると画面が変わった。

 

f:id:yurucat:20180211100033j:image

 

f:id:yurucat:20180211100043j:image 

 

  

受かっていた。しかも、一般も受かっているではないか。娘「えー、あれで受かってたんだ・・・」とちょっとびっくりしている。いずれにせよ、浪人は免れた。

でもホッとしたのか、その後スマホばっかりいじっていた。これで落ちてたらもっと必死に勉強してくれただろうか?

ちなみに、落ちた場合の発表画面はどんななんだろうと探してみたら、「今後の健闘をお祈りします」とかそんな言葉が書かれていた。せつない。。。

 

f:id:yurucat:20180211110520j:plain

ネットの合格発表が味気ないので、気分を盛り立てようと、合格するごとにカレンダーに合格シールを貼っていくことにした。

これからは、今までとは打って変わって難易度も上がっていくのだけど、合格シールが無駄にならないことを祈りたい。

 

f:id:yurucat:20180211110459j:plain

幸先はいいが・・・

 

 

 

今日も試験。

 

 f:id:yurucat:20180211100305j:image

 

水筒入れ忘れた!

 

 

 

2/1 私大入試スタート

すべての出願が終わった(*´Д`)

最近はほとんどがweb出願で、パソコンに疎い娘がやっていたら来年になってしまいそうだったので、私が諸々の手続きをするはめになった。出願、プリントアウト、支払い、郵送・・・。大事な大事なお金が、飛ぶように消えていってしまった。受験料だけで。いいパソコンとダイソンが、余裕で買えただろう。

国公立前期+後期、私立一般3校、私立センター利用3校。

はたしてこんなにたくさん受ける必要があるのだろうかという疑問もあるが、東京には「そこに大学があるから」こんなことになるのかもしれない。

ギリギリで変更した第一志望の倍率は、今の時点でほぼ例年並みか少し低い。はっきり言ってあまり人気がない。なくておおいに結構なのだ。我ながら、穴場を見つけちゃったなー☆と感心する。一方で、もともと行きたかったところは倍率が高く今年も人気があったので、合格可能性的には変更してよかったと思う。ただそれでも何人かに一人しか受からないのだから、厳しいことに変わりないのだけど。

 

学校で自習のための弁当 

1/24

f:id:yurucat:20180201082521j:plain

1/26

f:id:yurucat:20180201082547j:image

1/29

f:id:yurucat:20180201082601j:image

同級生の男の子、インフルにかかったうえに骨折してセンター受けられず。可哀そう・・・

 

1/30

f:id:yurucat:20180201082622j:image

1/31

f:id:yurucat:20180201082634j:image

2/1

f:id:yurucat:20180201082650j:image

 

 今日は初めての私立一般入試。すべり止めのつもりだったけど、12月の模試の時点で実力相応校の判定だった大学だ。ここでコケないようにがんばってもらいたい。ただ、試験よりもまず、大学が辺ぴな場所にあり電車乗り継ぎと駅からのバスが大変なので、ちゃんと遅刻しないで着くことが何よりの目標。心配なので、昨夜「○○たんがちゃんとちゅけるか不安だから、おかあたんといっちょに行きまちょうね~~~♪♪」と言ったら、「ギャー!キモイ!うざすぎ!絶対来ないで!」と跳ね返された。

 

 

1/24 合否判定システムとリフレッシュ休暇

1/19

センターリサーチの結果が返ってきた。

結果は予想通りである。第一志望、河合E、ベネッセD。Dは合格可能性20%以上、Eは20%未満、という非常に厳しい結果だ。

しかしセンターリサーチよりも前にすでに、河合、駿台、東進などがやっている合否判定システムが公開されていた。センター試験の自己採点の結果を入力すると、志望校の合否判定がたちまちピャッと出る。センターからの4連休で暇だった母は、それでピャッピャと判定を調べていた。だから、そんなにショックは受けなかった。

そして、志望校の判定を一通りを見終えたら、次第に志望校以外の大学の判定を見るという暇つぶしを覚え、名前を知ってるだけの大学の合否判定を見てはきゃっきゃしていたのだった。意外なところが合格圏内だったりしたので、ここどう?と娘に勧めたりしたのだが、娘はどんな判定でも少しでも可能性があるならそれにかけたい、志望校を変更するつもりはないと言う。担任との面談もしないと決めていた。

 

f:id:yurucat:20180124132922j:image

 

 

1/20

1月は招集日以外はもうほとんど学校には行かないのだけど、自習室は使ってもいいので娘は毎日学校に行っている。塾に通っていない娘にとって、学校の自習室は本当にありがたい存在。だけどセンターが終わってからは、自習室で勉強する人数も減ってきたようだ。そのせいなのか、煮詰まってしまったのか、次第にモチベーションが下がってきているのを母は見逃さなかった・・!

そこで、1日だけリフレッシュ休暇をとろう、ということになった。

 

 

向かった先は江の島。

生物への興味はここから始まった。江の島は、娘にとって原点の場所といえるかもしれない。

 

 f:id:yurucat:20180124123233j:image

冬なので岩場の生物はほとんど見られなかった

 

f:id:yurucat:20180124123313j:image

岩屋への階段は昨秋の台風で崩壊していた

 

f:id:yurucat:20180124123343j:image

f:id:yurucat:20180124123416j:image

満腹中枢がイカレたのでしょうか。しらすパスタの後にラーメンを食べる私。

 

f:id:yurucat:20180124123552j:image

河津桜がもう咲いていた

 

f:id:yurucat:20180124123503j:image

 

f:id:yurucat:20180124123518j:image

 

 

 江の島小旅行を満喫して家に帰ると、テレメールが届いていた。暇つぶしで調べた合格圏内の大学の願書を、もしものために私が取り寄せていたのだった。まあ行かないと思うけど一応見る?とやってるうちに、なんと志望校を変更することになった。

私としては、江の島に行って、第一志望へのゆるぎない気持ちを確固たるものにして、よし明日からまたがんばるぞ!ってなる予定だったんだけど・・・。なんか余計な事しちゃったかなあと複雑な気持ち。江の島の海風に当たって頭を冷やしてよく考えたらやっぱ無理じゃね?って冷静に思っちゃったのだろうか。

 

1/22

志望校の変更について、担任と面談しなきゃ!と、雪の予報だけど朝からはりきって学校へ。うん、はりきっている。なんか思ってもみなかった方向へ話が進んでいる。

 

f:id:yurucat:20180124132942j:image

 

担任もあれだけ頑なに変えないと言ってた娘が、まさか変更すると思わなかったらしいが、変えたほうが合格の可能性が高いのでそれでいいとのことだった。

 

 

 f:id:yurucat:20180124133009j:image

 東京は大雪。母は夜勤。

 

 

1/15 そしてセンターは終わり・・・

センター試験が終わった。

2日目、1時間目の苦手な数1Aが終わった後に娘からLINEが来た。

 

「なんとか耐えた」

 

そーか、耐えたか。。。良い意味なのか悪い意味なのかわからないが、耐えたんなら良しとしようじゃないか。

しかしその後音信が途絶え、1日目はこれから帰るって連絡が来たのに、終了時間をかなり過ぎても一向に連絡が来ないので、何か予期せぬことが起こったのではないかと心配になる。1時間目は耐えたけど2時間目以降の数ⅡBと理科がまるでダメでこんなんじゃ親に合わせる顔がないとか思ってひとり知らない町をさまよってるんじゃないだろうか。その辺りならいいがもしものために持たせた1万円でまさか樹海に向かっているんじゃ・・・

 

そしたら普通に帰ってきた。友達とあーだこーだ言いながら帰ってきたらしい。

 

出来を聞くと、いまいちさえない表情。・・・やっちまったかー?

今日は同じ教室に西高のDKがいっぱいいて、数学満点だとか1問間違えたとかレベルの高い話をしていたそうだ。目指すは東大でしょうか?

今日中に自己採点して明日学校にもっていかなければならないので、泣いても笑っても点数は今日わかる。娘は「いやだ~いやだ~やりたくない~」と言っている。

とりあえずお約束のアップルパイと夕飯のカレーを食べて、公式解答が出るのを待つ。

21時と聞いていたが20時半ごろ見たら「あっっ!!もう出てる!!」というので、ドキドキしながら自己採点スタート。その横でショートケーキを食べる私。ちゃっかり自分へのご褒美も買っていたのだった。

結構時間がかかって出した結果は、

・がんばってきた苦手科目はそこそこの成果が出ていた。

・得意科目が今まででいちばん低い点数になってしまった。特にリスニングの点数は前代未聞。

母としては、もったいないなあとか、得意科目でももっと勉強しとけばよかったのにとか心の中で思って悔しがっていたのだけど、娘は意外にケロッとしていて2次試験に向けて前向きだ。数1Aと生物が意外に良かったのが、なんかしらんが自信でちゃったみたい。

18日ごろセンターリサーチの判定が出るが、たぶん第一志望は合格可能性の低いEかDってところだろうと思う。でもどんな判定であれダメもとで受ける気満々なので、母は「無理じゃね?」とか思ってても決して言わずに温かく見守るしかないのである。今いちばん好きな言葉は「奇跡の大逆転」です。

 

f:id:yurucat:20180115110927j:image

一生買うことがないと思っていた雑誌を買ってしまった。

 

1/15の弁当

 f:id:yurucat:20180115111723j:image

今日の弁当はひどいので画像小さく

 

 

1/14 <速報>センター1日目 ウチの場合

センター試験前日

センター終わった後に、自分にご褒美的なものあげたら?と私が提案すると、「アップルパイ、食べたいな・・」と答えた娘。えっ!アップルパイ?なんか昔の貧乏な家の子供みたいなこと言ってきた・・・でもまあうち貧乏だし、そっかーアップルパイ食べたいの言えないで我慢してたのかー。えー、、、、なんか、、、ごめん。

 

センター試験1日目

弁当にかつ丼を作ろうと思っていたのだけど寝坊してしまい、冷食オンパレードになってしまった。

f:id:yurucat:20180114121352j:image

質素~

 

娘の場合は、試験開始時間が10:40からだった。朝は余裕があるなと思っていたら、8時ごろテレビで「受験生が続々と会場に到着しています!」という映像が流れて、うちの受験生まだ家にいるけど大丈夫なの!?とちょっとあせった。映っていたのは大雪の会場らしい。雪で交通が荒れ荒れのところは、行くだけで労力奪われて気の毒だ。

1時間前には会場に着くようにと学校から言われてるらしく、8時半ごろ家を出た。

1日目は文系科目、娘の得意分野だ。ここで取りこぼしなく点数を稼いでおきたいところ。だけどもう、そういう話はしないでおいた。おそらく本人がいちばんよくわかっているだろうし。「がんばれ」というのもかえってプレッシャーになるから言わないほうがいいそうで、「大丈夫!」と言ってあげるのがいいんだそうだ。だけど私が大丈夫と言うとなんか嘘くさいから、「とりあえずマークミスとかつまらないミスはしないように」と言ってクールに送り出した。

幸い東京は電車遅延もなく、予定通り着いたとLINEで連絡が来る。

家で情報収集していると、地理Bでムーミンとかビッケが出たなんてタイムラインが来た。あーこれうちの子だったら絶対知ってたよなあと思う。ムーミンもビッケも私が教え込んでたから・・・。だけど残念ながら娘は地理選択ではなく現社なのであった。

 

猫を病院に連れていく以外予定がなかったので、なんとなく家でぼーっと過ごす。ちなみに猫は抜歯をした。大暴れであった。

 

ロンブーの淳の記事を読んで、何となく私も勉強したい気にかられたけれど、そのあと河合我聞のブログを見て、あーやっぱやめよ~と思ったりしてた。同年代ががんばってるのを見るとすごく刺激になる。私も何かをがんばりたい。何か。

 

いつもは仕事で夕飯も遅くなるけど、今日は帰ってきたと同時にすぐ食べられるように早めに作り始めた。胃もたれしないようなあたたまるもの=おでん。

そうこうしてるうちに、帰ってきた娘。

聞いていいものかと迷ったが、聞いた。

 

「どうだった?」

 

「国社はまあいつも通りだけど・・・

リスニングが全然わかんなかった!

 

ぐげえええーマジかー (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

と内心思いましたが、

 

「うーーん。。」と濁しておいた。

リスニングがダメとははっきり言って想定外である。

緊張した?と聞いたら、一番最初はしたけど、だんだん疲れてきちゃって・・・とのこと。

1日目では自己採点は絶対しない、友達と答え合わせもしない、と学校から言われているためこの日は何もしない。明日のことだけ考える。

 

センター2日目

今日は理系科目。一番の不安材料である「数学」がある。

数学だけは未だに仕上がっていない。昨夜も遅くまで勉強していたようだが、朝支度をしているときに「ああ、どうしよう・・」とかなり弱気になっていた。

これはまずい。問題見て頭真っ白になるやつだ。

こんな時になんて言えばいいのだろうか、と考えて

「最悪、1問合ってればいんじゃない?」と言ってみた。本当は正解が1問だけで良いわけないんだけど。だけどそうしたら少し気が楽になったようで、全部あってなくてもやれるだけやって細かい点数を稼げばいいかと少しポジティブになった。できなかった分は生物と化学で補えればベスト。

 

昨日作れなかったかつ丼を。

f:id:yurucat:20180114121412j:image

 ちょうどいいピックがなかったので、あったピック全部刺して応援。数学のことを考えたらかつ丼なんて喉を通らないだろうと思うが。

 

だけど。今までの娘の人生、なんとなくトントンと来ていたけれど、挫折を味わうことも必要なんじゃないかしらと思った。そりゃあもちろんトントントンとうまくいってほしいけど、挫折を経験することは悪いことではないのだと思えば、親の方も気が楽になる。

 

時刻は12時。いちばんの苦手な数ⅠAを娘はどんな気持ちで解いているのだろうか?

そんなことを考えながら、これからアップルパイを買いに行く。

 

 

 

センターカウントダウンとしいたけ栽培

センター試験が目前に迫っている。

センター利用で受験する大学の出願を済ませ、いよいよ始まるんだな、という気持ちになる。

今週末の試験を控え、本人も学校もおそらくピリピリなんだろうが、親のほうももちろんピリピリである。勉強の方はもう今更どうあがいてもという感じもあるので、とにかく「インフルエンザ、遅刻、マークミス」だけは断固阻止しなければならない。

我が家のインフルエンザ対策は、予防接種はせず(毎年注射してもしっかり罹患したためもうやめることにした)、秋からR1をコツコツと飲ませている。これは高校受験の時も同じことをしていて、受験時にはインフルにかからずに済んだのだが、結構値段が高いので3月の合格発表とともに買うのをやめたら、なんと5月にインフルになってしまったという後日談付き。

お腹の調子がしょっちゅう悪くなる娘のために、ダノンビオ(生きて腸まで届く高生存ビフィズス菌 BE80菌が入ったちょっとお高めのヨーグルト)も毎朝欠かさない。

こうして、娘だけにせっせとお金をかけて、親はやっすい3個88円のヨーグルトで我慢している。

遅刻に関しては、電車で試験会場に行くため、もしもの電車遅延のことを考えておかなければならないだろう。センターでありがちな雪だが、幸い予報は晴れマーク。もしものために仕事は休みにしている。こっそり後をつけてしまうかもしれない。

そして「マークミス」。マークミスとはその名の通り、マークをミスること、回答欄をずれて記入してしまうこと。驚くべきことに、うちの娘は模試でそれを何回もやらかしている。多い時には30点分損してしまった。さらに驚くべきことに、12月にやった最後のセンタープレ模試でもマークミスをしているという事実...。マークミス対策をしっかり叩き込まねば。

 

苦しい時の神頼みということで、学問の神様、湯島天神へお参りに行った。娘はそれどころではないので私一人で。3連休の中日だしセンター前だしということで、ものすごい人だった。

f:id:yurucat:20180110122240p:image

学問の神様だけあって、一人ひとりの参拝時間が長め。真剣なのだ。

後ろに小学生の男の子とお母さんが並んでて、「今年は合格祈願じゃないからね。勉強しただけ結果がちゃんと出ますようにってお願いするのよ」と言っていた。

 

お守りを買う人もすごい行列。

 f:id:yurucat:20180110122249j:image

 

f:id:yurucat:20180110122435j:image

志望校に受かりますように。

 

娘のためにひいたおみくじは家に帰って開いたら大吉だった。高校受験の時も大吉だったんだよなあ。ちなみに私は小吉。

 

 f:id:yurucat:20180110122912j:image

おみやげはお守りじゃなくハチマキ。失笑されたがそのうちつけてくれるはず...!

 

 

受験前でもいつもと変わらず質素な弁当。おやつだけは奮発している。

 f:id:yurucat:20180110124432j:image

 

最近のひそかな楽しみ。

しいたけ栽培キットというのを買って、年末からしいたけを育てている。簡単なのにめちゃめちゃたくさんなってうれしい。

 

f:id:yurucat:20180110122742j:image

f:id:yurucat:20180110122721j:image

 

そろそろ収穫の時期を迎えたので今夜のおかずにしようと思う。

f:id:yurucat:20180110122804j:image

すごく肉厚ででっかい!

 

f:id:yurucat:20180110122828j:image

あと20個は採れそう。

 

 

期限間近のTポイント使って、実質400円で買った。


 

12/17 久々ひとり旅

 約1年ぶりに旅ブログを更新しました。

yurucat.hatenablog.com

 

 

今日は最後の模試なので…

 

f:id:yurucat:20171217120905j:image

カツ丼弁当。