母の弁当日記 大学生編

大学生の娘と自分のための弁当と日常の記録

6/30 「へこませたい!」(半分、青い。の週タイトル風に)

6月なのに東京、まさかの梅雨明け。梅雨の中休みじゃなかったのか。

梅雨も憂鬱なものだけど、真夏の晴天が長期に渡るとなると、秋まで体力持つのだろうか・・・と中年は不安になってしまうのである。

近況。

娘、大学生活絶賛満喫中。リケジョらしく、休みの日には友達と科博に行ったり、今日も合宿で海に潜りに行っている。そしてスーパーでレジのバイトも始めた。「お返しが、大きいほう、一千、二千、三千・・・」ってやってるそうだ。うぅ、成長したなあ。

母、ダイエット中。

今年もやってきました、恒例の健診前ダイエット。

去年は走ったけど、今年は食生活を見直すことにした。なんか最近いつもお腹がぱんぱんで腹囲が激ヤバで、メジャーで計ったら大変なことになっていた。おまけに体重も自分史上最高記録を突破。いつ死ぬかわからないから食べたいものを食べておくというポリシーで生活してたらこうなってしまった。食べても太らない人、ほんとうらやましい。健康も気になるお年頃。私の父は53で直腸がんで亡くなっていて、自分も腸に関しては自信がなかった。そこでまずは腸内環境を整えるということに重点を置こうと考えた。ダイエット本などをいろいろ読み漁った結果、野菜スープともち麦の2つでやってみようということにした。ラクで辛くなさそうだったから。。。

野菜スープは一時期流行ったようだけど、キャベツ、カボチャ、にんじん、たまねぎを水だけで煮たスープ。ハーバード大学式、ファイトケミカルスープなどでググると出てくる。がん予防にいいんだとか。これを朝とか夕に作って1日2~3回食前に飲む。そうするとそれだけで結構おなかがいっぱいになる。調味料は入れないけど、野菜から出るだしだけでけっこう甘みがでるんだなと驚く。

もち麦は白米に混ぜて炊くだけ。とてもおいしい。ダイエット中なのに米が食べられるという幸せ・・・。

あとはおかずの量を減らすとか、お菓子をたくさん食べないとか、発酵食品を食べるとか、それくらいのゆるい制限で。我慢は反動が怖いから、ビールも糖質オフのものを普通に飲んでる。

最初は全然やせないどころか、便秘になって大変だった。調べると腸内に悪玉菌が多い人が食物繊維を多量にとると、それが悪玉菌のえさになってかえってガスがたまってしまうらしい。やっぱ私の腸内環境、最悪だったんだな・・・。お腹が張ってどうにも苦しくて辛いので、整腸剤みたいなのを合わせて飲むことに。半月位経った頃、突然朝から下しまくって、熱発して寝込んだ。今思うとこれはデトックス的なものだったのかもしれない。その後便秘が解消され、1か月くらいするとお腹のすっきり感がでてきた。

運動もしたいのだけど、結構大事だなと思ったのが「姿勢」。多分、背筋とかが落ちてきて猫背になってきてるのも腹が出てしまう原因かもしれない。

現在、開始から1か月半で体重2.7キロ減。腹は数字的にはあまりへこんでいないが、体重はゆるやかに落ちているので、このまま続けてみようと思う。

そんなこんなで私の昼ご飯が「野菜スープ+もち麦ごはん」なので、今は弁当作りを休んで、娘には学食で食べてもらっている。よって、弁当画像はなし!