母の弁当日記 高校生編

高校3年生の娘のための弁当作りの記録

2/2〜2/3 自由からの肉まん

試験から解放された私は晴れて自由の身となり、試験という束縛が原因で諸々の体調不良を起こしていたのか?と思うくらい、只今絶好調。自分ではあまり思わなかったのだけど、実は相当追い詰められていたのかもしれない。近所の大学で見かけた受験生に「あー、受験ね〜。わかるわかる。気持ち、わかるよ〜」と同じ受験でもレベルも勉強量も全く違うのに、同類みたいに思ってしまうウザイおばさんなのであった。

 

 

2/2

f:id:yurucat:20170203082304j:image

ドライカレー、シュウマイ、卵焼き、焼きそば、ほうれん草、焼き芋、ドーナツ

 

2/3

f:id:yurucat:20170203082310j:image

チキンのトマト煮、卵焼き、サルサ春巻き、キャベツとしらすのソテー、スナップえんどう、ドーナツ

 

新しい弁当箱。

f:id:yurucat:20170203082316j:image

いつもとおんなじ形(スマートフラップ)のスヌーピーバージョン♪

 

ちなみにいつものは・・・

f:id:yurucat:20170203082324j:image

f:id:yurucat:20170203082330j:image

コケコッコ柄のアフタヌーンティー。

プリントも剥げずにがんばっている。

 

 

1月から月に2回だけ夜勤をするようになった。時間は16:30〜9:30と17時間の拘束で結構キツい。老体に鞭打って働いてる。普段は夜10時に寝て6時に起きるような生活を送っていたため、果たして起きてられるのだろうか?という不安はかなりあった。しかし人間、起きてなければならない状況であれば、起きていられるものだなあと実感した。逆に、仮眠時間も、明けで帰ってからも気が張って寝られないし、普段の就寝時間も遅くなった。時間が増えた感じがする。

 

こないだのマツコ&有吉の怒り新党でやってた美味しい肉まんのお店を見たら、どうしても手づくり肉まんが食べたくなって、今日の夕飯で作ってみた(節分おかまいなし…)。

 

f:id:yurucat:20170203204023j:image

f:id:yurucat:20170203204730j:image

 

見た目はイマイチだけど、出来たて肉まんはめちゃ美味しかった。